美濃焼窯元 不動窯

トップページ > 焼き物について:製作過程

製作過程

焼き物ができるまで

  1. 土練り
  2. 成形しやすいように粘土を丹念に練ります。
    土練りには荒練りと菊練りとがあります。 荒練りで粘土に含まれる水分を均一化して成形しやすい固さの粘土にし、菊練りで粘土内の気泡を完全になくします。

    菊練りの土

  3. 成形
  4. 成形方法には、ろくろや鋳込み、たたらなどの手びねりなどの方法があります。
  5. 削り
  6. 成形品が生乾きの段階で、高台の削り出し、素地の裏に窯や作者のサインの裏印を刻印で入れます。また、素地の外側を削り、口縁をつくるなど形を整える作業も同時に行い、最終的な製品の形にします。

    生地の乾きを調整する室(むろ)の中

  7. 加工・加飾
  8. マグカップ・コーヒーカップの手や、急須の口・手などを付けたり、生素地にくし目模様を入れたりします。

  9. 乾燥
  10. 急激に乾燥しないように、時間をかけて素地が白くなるまで十分に乾燥させます。
  11. 素焼
  12. 乾燥した素地には、わずかに水分が残っています。
    水分をなくし、かたく焼き締まった素地にするため、約800℃で焼成します。

  13. 下絵付
  14. 素焼した器に、呉須(酸化コバルトが主成分)やサビ(鉄分)などで下絵を描きます。

  15. 釉掛け
  16. 釉薬をかけます。釉薬は、高温で焼成するとガラス質となり、小孔を塞ぐため耐水性が増します。また、釉薬に含まれる金属分が高温で化学変化を起し、様々な色に発色します。

  17. 本焼成
  18. 焙り焚き、攻め焚きなどの工程を経て、最終的には約1250℃まで温度を上げて焼成します。焼成時間はおよそ24時間。ゆっくり温度を上げて、焼成後はゆっくり冷ますことで、器に重み(重厚感)がでてきます。

※上絵付

本焼成後、赤・黄・緑や金銀彩などでさらに絵付けを施し、約800℃で焼き上げます。


© 2008 Fudogama All Rights reserved.